• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十番食堂

住所:山形県上山市矢来4-257-1【地図】
営業時間:11:00~20:30
定休日:年中無休
テーブル上の調味料:一味唐辛子、胡椒、醤油
ティシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
接客:気にならない
画像:もり天そば 600円

P1110015.jpg

何の変哲もない普通の食堂に思えるが、何故だか昼時はいつも混んでいる…ランチメニューのラーメンと丼ぶりのセットは確かに魅力的だが、意外と普通の単品料理を注文してるお客さんが多いのもナゾ…たぶん上山の方の口に合うのでしょう。特に蕎麦に力を入れてる店ではないのでは、期待せずにお昼だけの限定メニュー『もり天そば』を頼んでみました。

P1110005.jpg

写真を見ていただければわかるかと思いますが、蕎麦はコシの弱いうどん粉蕎麦。刻みネギの上にパックのネリワサビがポイ…ツユは甘めながらも濃すぎずダシの香りもありました。柔らかいイカ下足に軽めでサクサクの衣がついたゲソ天は、なかなかおいしかったです。ザクザクする堅い衣のゲソ天もいいけど、柔らかいイカにはこういう軽めの方がマッチしてる気がします。

P1110012.jpg

壁に貼られた「たくあん1本150円」が気になりました。まさか、丸ごと1本出てくるのかな…そして、それをポリポリしながら熱燗をチビチビする人がいるんだろうか?まさかまさか…でも、そういうの嫌いじゃないわ

P1110013.jpg

再来店の可能性:×(蕎麦に関しては)

《関連記事リンク》山形ラーメン消化機構『五十番食堂』

 
スポンサーサイト

麺房

住所:山形県山形市東青田1-8-1【地図】
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休
テーブル上の調味料:一味唐辛子、ゆず七味唐辛子
ティシュの有無:おしぼり
接客:気にならない
画像:板そば(寒晒しそば)1,050円

P1110527.jpg

国道13号沿いにある、数寄屋造りのお店。国産蕎麦粉・名水など素材にこだわってるというのがウリで、過去に司馬遼太郎が立ち寄り絶賛したとか…店先の「寒晒しそば」の貼り紙につられて数年ぶりに暖簾をくぐった。

P1110515.jpg

平日の夜とあって、店内に客の姿はなし…店主がテーブルで取り引き業者と何やらエアコンについて打ち合わせているよう。品書きを見入る…う~ん「寒晒しそば」は良いお値段とわかっていても、1人前の板そば(この店にもりやざるはない)680円を寒晒しにしてプラス370円…合計1,000円オーバーとは考えちゃう。でも、せっかく入った蕎麦の道、季節物をご賞味してみない手はありません!腹を決めて注文!

お茶をすすりつつ品書きを凝視…やはり、お高めな金額設定なのだな。季節の特製天ざる(2,100円)、かもそば(1,380円)、きのこおろしざる(1,100円)で、大盛りは各210円増し、蕎麦を太打ちの田舎蕎麦にするには100円増しだそうな…頭の中でそろばんをはじいていると板が運ばれてきた。

P1110517.jpg

おお、これが「寒晒しそば」かあ…冬のさなかに極寒の清流に浸した後、蔵王から吹く寒風に晒した事により甘味と風味がグッと増しているというが…まずは、たぐった蕎麦をそのまますする、ズズッ!お~確かに甘さと香ばしさが強い!蕎麦自体もカドの立ったシャキッとした歯応えで、コシも強い。さらにツユに浸さず2口3口…いままで食べた蕎麦の中で一番味が濃いかも、思った以上にやるなあ…寒晒し

P1110521.jpg

ツユに浸してズズッ、本ワサビをのせてズズズッ…うん、マズイわけがない。サイドメニューやトッピングのつかない蕎麦のみで1,000円オーバーは、貧乏サラリーマンにはハードル高いけど、1年の間の極めて短期間しか食べれない限定品と考えればこれはこれでアリな気がする。

会計時、レジに立った店主が「いかがでしたか?」「いや~寒晒しって初めて食べたんですけど、予想以上においしかったですね」「そうですか、今年は特によい出来だったんですよ」と満面の笑み。自信のある品を良い値段で出して、客においしかったと言われるなんて、そりゃ笑顔も光るわな…と、ちょっとひがみたくもなってしまった。

再来店の可能性:△

 

そば処 たかの

住所:山形県上山市金生1-1-43【地図】
営業時間:11:00~14:00、16:00~19:00
定休日:不定休
テーブル上の調味料:酢、唐からし(小袋)、胡椒(小袋)
ティッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
接客:気にならない
画像:ざるそば 500円

P1100864.jpg

平日昼時、店内では年配の男性2人が中華そばをすすっている。広い座敷きの隅の席に腰をおろす…ん?なんだかすえた匂いが…トイレが近いのかと見回すが、どうやらテーブル上の灰皿がくさいらしい。陶器製でキレイに洗ってあるような灰皿だと匂わないが、金属製でこう…上面が鉄格子みたいになってるやつで、随分使い込まれてるやつ…く、くさい。

品書きに『もりそば』はないが『ざるそば』が500円と随分安い…お茶をもってきてくれたおばちゃんに注文。ほどなくして運ばれてきた蒸篭は、珍しい蕎麦猪口用スペースと、薬味用スペースが組み込まれたスタイル。側面に“たかの”と名が入っているので特注なのだろう…これは意外と本気なのかも?

P1100858.jpg

悪くない色あいの細い蕎麦をそのままたぐる…ツツッ、あまり蕎麦の香りはないが喉越しがいい。ツユをつけてズズッ、味まるじゅうを彷佛とさせる甘いツユ…ワサビをのせてズズズッ、一旦ツユの甘さを気にしちゃうと、この香りの弱い蕎麦も乾麺に思えてきちゃうんだな…弱ったなと思いながらも、海苔の強さに頼りつつたいらげた。

P1100860.jpg

蕎麦湯は薄く、蕎麦の香りもなし…ひと口すすって店を出た。外観の写真を撮りながら自問自答「住宅街の小さな食堂で、安いざるそば食べて何しかめっ面してんだ?」「うまい蕎麦が食べたいんならそういう店に行きなよ!」「あるだろ?暖簾に手打ちだの自家製粉だのって書いてある店にさ」「通ぶりやがって…迷惑なんだよ!」ひとり勝手に落ち込んで家路につく…たかが蕎麦、されど蕎麦

再来店の可能性:×

《関連記事リンク》山形ラーメン消化機構『そば処 たかの』

 

一ばん分店

住所:山形県山形市小白川町5-7-27【地図】
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
テーブル上の調味料:胡椒、酢、一味唐辛子、辣油
ティッシュの有無:なし
接客:気にならない
画像:もりそば 575円

P1100849.jpg

この店のラーメンに関する噂は聞こえてくるものの、蕎麦の話題はとんと入ってこなかったので正直あまり期待していなかった。暖簾をくぐり店内に入ると先客は皆ラーメンを食べている…品書きに並ぶ、うどんやきしめん、ドンブリ物はまだしもカレーライスにチャーハンまであると「おいしい蕎麦が食べられるかも」なんて望みはほとんど消え、ここまでして自分は蕎麦を注文せねばならないのか?と胸が苦しくなったりする。別に仕事で食べに来てるわけではないし、蕎麦ブログをやっているからといって定期的な更新が義務づけられているわけではないが、さすがに2週間以上も更新せずにいると気持ちの奥の方がザワザワと落ち着かなくなってくるのだ。手元の品書きを閉じ、意を決して厨房にいるお兄さんに声をふりしぼる「もりそば!」

この2週間、別に蕎麦から離れていたわけではないが、去年末から回った40軒以上の蕎麦屋の中で見つけた◎の店のデータがあることも作用し、なかなか新店開拓に心がはずまなかったのだ。これだけ回ってわかったんだけど、蕎麦屋はラーメン屋より当たりハズレが大きいねえ…変な例えだが、ステーキを注文したのにハンバーグが出てくるような店がかなりある。しかも、牛肉100%肉汁たっぷりのハンバーグじゃなく、パサパサのマルシンハンバーグみたいなのだ…まあ、アレはアレでチープなおいしさがあるけど、ステーキのつもりで待ってるとこにアレじゃショックでかいぜ…だったら、もう…ねえ?おいしいステーキを食べさせてくれる店に行きゃあいいじゃない!知ってるんだからさ

P1100855.jpg

悶々としていると、盆が運ばれてきた「ん?」あらやだ、蒸篭2枚重ねって始めてだな…置かれた蕎麦を覗き込む「んんんっ?」これはヤバい!全然予想とちがう、見るからにおいしそうな蕎麦じゃないか!白くて、ちょっとくすんで、手切りで角が立っている…2、3本たぐってそのままツルル~ッ!ほら、うまい!コシがしっかりしていて、蕎麦の匂いもちゃんとある…思わず嬉しくて、もうひとたぐり何もつけずにすすった。3口目でやっとツユにひたす…ズズズッ!甘味が少なく、鰹節の香りが強い…でも、口には残らず蕎麦の匂いとタッチするようにスーッと消えてくれる。ホシが全くないだけあって、香ばしさはないけど期待してなかっただけにこの蕎麦は嬉しい。

P1100854.jpg

蒸篭2枚重ねでも、量はたいして…なんて思ってたけど、いやはや普通の店の大盛りくらいはあるんじゃないかなあ?コシが強く咀嚼回数が多かったのもあるんだろうけど、実に満腹満足。これで500円台とはスゴク良心的な値段じゃん…思わず、品書きを改めて開いた。板そば(3人前)1,942円がノーマルだときしめんとの2種盛り、蕎麦だけにすると300円増ってのがおもしろい(でも、もりそば4人前頼んだ方がお得そう)。しかし、ここまで蕎麦がおいしいと逆にさっきは疎ましく感じたチャーハンやカレーライスが気になるなあ…両方共700円台ってのも、どうもヒトクセある気がする。薄めの蕎麦湯を猪口に残ったツユに注ぐと、鰹の香りがフワリと蘇って美味…やはり、来たことのない店に踏み行ってこそ味わえる(まさしく、味わえる)感動もあるんだなあ…と、改めて思いました。ごちそうさま

再来店の可能性:○

 

一楽そばや

住所:山形県上山市二日町4-26【地図】
営業時間:11:00~18:00頃
定休日:水曜日
テーブル上の調味料:七味唐辛子、酢、胡椒(TONES)、あげ玉
ティッシュの有無:店内BOXティッシュ1個
接客:気にならない
画像:もりそば 550円

P1100319.jpg

中華そばやこの店では「冷中」と呼ばれる冷たい中華はなかなかおいしいが、蕎麦を食べてる人を見たことない…一応店名に「そばや」とはあるが、上山のこういう雰囲気の店は今のところガックリきてしまうパターンが多いので、期待値をギリギリまで下げ、心の奥底で逆転ホームランを祈りつつ来店。品書きをチラリと確認して、いつも通りの『もりそば』を注文。ちなみに、大盛りは100円増し。

P1100312.jpg

スポーツ新聞をめくっていると運ばれてきた蒸篭を見てギョッとした。こ、この食欲をそそらないエメラルドグリーンの蒸篭は…喜楽と同じやつ!喜楽?喜楽、一楽…楽…はっ!系列の店なのか、どっちかでどっちかが修行したのか、とにかく関係のある店なのだろうという事に気づいてしまった。となると、この太めの蕎麦もおそらく…意気消沈しつつ横を見やると、蕎麦猪口の中にパックのねりわさびと刻みネギがすでに入ってる…ひでえ…うぅ

P1100318.jpg

2、3本たぐった蕎麦をそのままズズッ…香りは薄いが、黒いホシが少し食感に残って蕎麦を主張している。喜楽よりはブヨブヨ度は低いが、まだ量が多いだけ喜楽の方が頑張ってるよなあ…ここの倍近くあるもんな。色の薄いツユにひたしてズズッ、ねりわさびをのせてズズッ、どうせ蕎麦の香りは薄いんだから…と、テーブルのあげ玉を入れてズズズッ。コシが強くない事もあり、あっという間に食べ終わってしまい満腹感なし。蕎麦湯も出ない(ありませんか?と聞く気にもならなかった。蕎麦食べ歩きを始めて初、食後すぐにスーパーでホットドックを買って胃袋に補充。

P1100315.jpg

食後、外観の写真を撮ろうとしてオヤッ?と思った。店の奥にアスファルトをひいた立派な駐車場…以前は無かったと思うが、そっかあ~と唸った。出前の電話はひっきりなしにかかってたし、訪れる客も少なくなったから中華そばを食べてれば間違いのない店なのだよな…と、納得。こんなこともあるさ…とうなだれ、路地を曲がった。

再来店の可能性:×(蕎麦に関しては

《関連記事リンク》山形ラーメン消化機構『一楽そばや』

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

 禿生 * hagenama

Author: 禿生 * hagenama
喰いしんぼう中年男子
1968年12月生 A型

【プロフィール詳細】

昔からラーメンが大好きで「蕎麦はイマイチ腹もちが…」などと思っていたボクですが、40代を目前にして蕎麦の魅力に開眼!楽しみ方を模索しつつも、今までスルーしていた蕎麦屋開拓にいそしむ毎日です。そんな日々自分の中で変化成長する蕎麦への思いを綴っておこうと思いこのBLOGを書き始めました。

記事はあくまで、ボクの超個人的な評価にすぎません…異なった感想をお持ちの方もいらっしゃると思いますがご了承ください。ご意見・追加情報等ございましたら是非コメントください。

管理人が不適切と判断したコメント・TBは予告なく削除させていただく場合がございます。また、画像および文章の著作権は禿生にありますので、無断での転用・転載はお断りします。hagenama@yahoo.co.jp
 

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
山形そば通販


山形県戸沢村産の十割蕎麦【送料無料】お試し大特価!


日経新聞“何でもランキング”おすすめ取り寄せそば全国ランキング5位受賞!山形・玉谷製麺所


本格的な蕎麦打ちが楽しめる!そば打ち台一式【送料無料】


【鷹山そば】山形伝統の田舎そばと金箔入り本醸酒セット【蔵元直送】


甘みと香りの蕎麦山形発!中細生3人前【山形県産・でわかおり二八蕎麦】ツユ付


蕎麦猪口(そばちょこ)セット・淡彩ボカシ切立鉢


山形・出羽路【板蕎麦】ツユ付10把セット


地元で収穫されたそばの実だけを自家製粉・山形にこだわった完全限定品月山そば「月」9袋入


書籍『そば打ち入門コツのコツ』DVD付

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。